TOP月刊デイ認知症ケア最前線介護の経営と運営書籍・DVD本の購入出版物の訂正お問い合わせ会社概要
「第20回ぬり絵コンクール」の内容を、ホームページver.として再構成してお届け致します。(※審査結果は誌面と同様です)

【審査結果発表!】たくさんのご応募ありがとうございました!!

20回目のぬり絵コンクールも、力強い作品をたくさんご応募いただき、ありがとうございました。  作品だけでなく、応募用紙にご記入いただいたコメント・エピソードも一つひとつ拝見させていただきました。作品に込められた思いや、ぬり絵に対する情熱に感動しながら選考させていただきました。  ご応募くださった皆さま、本当にありがとうございました。
※受賞者には副賞と賞状を贈呈
コメントも1点1点読ませていただきました

 
野田ライフケアセンター
高須賀 昇一さん

【評】
神戸北野異人館・風見鶏の館の門に、利用されているデイサービスの名前を書き入れた作品です。緑と空、建物のコントラストが鮮やか!グランプリおめでとうございます!

 
デイサービスようこう
重野 幸子さん(85歳)

【評】
モナ・リザの色合いが明るくなるように気を付けられたことが、全体の雰囲気から伝わってきます。口元も、いつもより微笑んでいますね!

デイサービス・カルガモ
道下 馨さん(90歳)

【評】
陽が落ちる夕暮れ時の静けさ、夕焼け色に染まる山や川、伸びる影で見事に表現されています。

ケアハウス ゆうあい
角田 美津子さん

【評】
真っ赤な鯉の力強い様子が、お孫さんの夢を応援する気持ちを伝えてくれます。金太郎の「金」の字も輝いています。

 
海老名ケアサポートセンター
今里リハビリテーション
大澤 実さん(67歳)

【評】
「カバはピンク色の汗をかく」という雑学から、ピンク色に塗られたのだそう。温かみのある絵に仕上がっています。

浦和すずのきクリニック
ペンネーム H・直也さん(53歳)

【評】
ルノワールの絵画を鮮やかに表現されていて、少女の可愛らしさが際立っています。色とりどりの花に、温かい気持ちになります。

グッドタイムデイサービスセンター
大隈 定子さん(87歳)

【評】
4回重ねて塗った黒の背景が、不動明王を際立たせています。仏の力強い雰囲気が見事に表現されています。

 
クラールデイサービス長沢
鈴木 啓之さん(74歳)

【評】
ぬり絵を通して人に喜ばれるのはすてきなことですね!ご本人の温かな心が、色合いからも伝わってくるようです。

あずみ野デイサービスセンター
古賀 喜代子さん

【評】
さまざまな菊の花を鮮やかに描いた一枚です。金色の雲が花の美しさを一層際立たせています。葉のふちが黄みがかっているところも注目です。

シャインニングハウス
杉浦 満代さん(81歳)

【評】
同系色でそろえた曼荼羅のぬり絵は、一つひとつのパーツを丁寧に塗られていることがうかがえます。枠の外に線を追加して、幾何学模様で飾っているところも素晴らしいです。

発寒デイサービスセンター
小沼 繁男さん(98歳)

【評】
柔らかなタッチが、作品全体の温もりを引き出しています。腕や首元の陰影が細かく、臨場感あふれる作品に仕上がっています。

社会福祉法人あい來福祉会
デイサービスむつみ
太田 静枝さん

【評】
夏の涼しげな浴衣と、優しい光と共に流れる灯ろうが美しい。灯ろうを持って立つ女性の微笑みが、一段と明るく見えます。

デイサービスセンターくつろぎ
成瀬 寛さん(84歳)

【評】
「大自然の一瞬の輝き」を見事に写し込んだ作品です。日が落ちる瞬間の空の薄暗さと、渦潮に映る空の色が、幻想的です。

甲南介護老人保健施設デイケア
竹内 擴さん(83歳)

【評】
青い屋根が異国情緒溢れる雰囲気を醸し出しています。木々の細かな濃淡が温かな空気を感じさせます。

ラポールケアプラザ
佐藤 信一さん(77歳)

【評】
シベリアンハスキーの銀灰色の毛並みを、紫・青・黒など、さまざまな色を使って丁寧に表現されています。

介護老人保健施設ゴーエン美浦
野口 武さん(85歳)

【評】
寂しくはかないイメージのサザンカが、パッと映える青空と若々しい緑の葉で描かれています。精いっぱい咲く花の力強さを感じます。

デイサービスささゆり
竹廣 隆さん(88歳)

【評】
黄色く色づいた木が、城の重厚な雰囲気を引き立てています。屋根も深く塗りこまれていて美しいです。

 
大田ナーシング翔裕園
酒井 昇さん

【評】
「月刊デイ」の中にある素材を集めて作ったというオリジナルぬり絵。その季節を感じる風景や動物、野菜や果物など、見ているだけでワクワクする作品です。

デイサービスセンターわが家
廣崎 春實さん(86歳)

【評】
金色の折り紙をあしらい、鮮やかに塗られた赤色の建造物が荘厳です。ティッシュで作られた雪で、寒い冬の風景を上手に表現されています。

サバティ高知 河ノ瀬店
山口 百代さん(75歳)

【評】
立体的に貼られたヒイラギの葉、ススキの穂で飾られたロウソクの灯、折り紙のサンタクロースなど、1枚の絵の中に楽しいアイデアが溢れる作品です。

介護老人保健施設わかくさ
坂口 博子さん(82歳)

【評】
色鉛筆や絵の具、マジックなどさまざまな材料を使い、繊細で鮮やかな歌舞伎役者に仕上がっています。絨毯の写真を貼った背景の効果で、絵に奥行きを感じます。

デイサービスセンターすみの
一本木 千代子さん

【評】
ぬり絵と切り絵が融合した、色鮮やかな作品です。自然の景色を切り取ったモミジの、枠から溢れて舞い散る様子が幻想的ですね。

 
介護老人保健施設ふるさと
渡邉 榮子さん

【評】
「自分でもできるかも」というチャレンジ精神が素晴らしい!繰り返し修正した跡から熱意を感じます。

介護老人保健施設 希望の里 松涛園
小野塚 健一さん(78歳)

【評】
赤や白、銀で彩った露のきらきらした表現がとてもお上手です。遠くの峰もしっかりと描き込まれています。

トータルケアステーション シエロ 東林間
後藤 和紀さん(52歳)

【評】
とてもつやのあるおいしそうなさくらんぼですね!爽やかな甘酸っぱさが口の中に広がるようです。

ケアハウスゆうあい
久保田 君子さん(85歳)

【評】
中原淳一さんの絵の魅力が伝わってくる作品です。目元の化粧や、赤い唇のつやなど、細かな女性らしさを感じます。

南光台デイサービス
菅原 工子さん(84歳)

【評】
一生懸命さは、紙が破れるほど。裏から補修もして完成させられました。色鮮やかなたい焼きの中身は何味でしょう。

 
やさしい時間さ倉デイサービスセンター
ペンネーム いけちんさん

【評】
スノードロップと子猫が、力強く何度も塗り重ねられていることが見て取れます。子猫の表情からやんちゃな様子が伝わりますね。

デイサービスセンターすみの
伊藤 千珠子さん(84歳)

【評】
細かいぬり絵のひと枠ひと枠を丁寧に塗られています。はっきりした色を使われているので、鮮やかな仕上がりです。

シャインニングハウス
大瀧 秀子さん(78歳)

【評】
ひまわりの元気で力強いイメージが背景からも伝わる作品です。花びら一枚一枚も強く塗りこまれています。

老人保健施設ひこばえ
河野 淑文さん(93歳)

【評】
はっきりとした色を出そうと試行錯誤されたことがうかがえます。赤々としたクリスマスローズが愛らしい。

高須デイサービスセンター
土井 成延さん(84歳)

【評】
キリンを囲むように塗られた黄色と薄紫色が印象的です。キリンの瞳の色も赤・水色・黄色と広がり、惹きつけられます。

 
デイサービスセンターむべの里
岸田 信代さん(95歳)

【評】
「いつか応募しよう」と大切に持ち続けていた作品を、このたび応募してくださいました。これからもぬり絵を楽しんでくださいね。

医療法人大慈会 三原病院
S.Yさん(29歳)

【評】
ご自宅で飼われていたセキセイインコも、作品のように鮮やかな黄色だったのでしょうか。重ねて塗られた白い絵具が、インコの存在感を引き立てています。

さつきデイサービスセンター
酒井 操さん(99歳)

【評】
御年99歳、「挑戦の気持ちを忘れない」その若々しい心意気に脱帽です。作品にも力強さと勢いがあります。

砧デイサービスセンター
野口 孝子さん

【評】
旦那様を想う気持ちが伝わるエピソードに、心が温まりました。ぬり絵を通して、もう一度鮮やかに花が咲いたのでしょう。

デイサービスセンター泉の杜
藤井 美津男さん(86歳)

【評】
たばこの箱の裏に使用済みのマッチで絵を描かれていたという奥様からのエピソードに、感動しました。作品のノスタルジックな色合いも味わい深いです。

デイサービスすずらん八尾
筆本 鈴江さん(89歳)

【評】
ご友人がカラオケで歌われた「さざんかの宿」は、作品のように力強い歌声だったのでしょうか。ご本人のコンクールに対する熱意も感じます。

高山市福祉サービス公社
山王デイサービスセンター
東本 勝明さん(66歳)

【評】
ぬり絵を通してほかのご利用者との交流を深められたのですね。今後もご自身の作品展が発展しますように。

介護老人保健施設(愛)
横山 小洋子さん(76歳)

【評】
お母さまが自身の振袖を仕立て直して作ってくれた七五三の衣装は、袖を通すとき、とても心が弾んだことでしょう。

砧デイサービスセンター
中村 和枝さん

【評】
先祖代々、農家を支えてこられた思いを作品に託してくださいました。農業の大変さと楽しさが伝わります。

老人保健施設ひこばえ
佐々木 正子さん(87歳)

【評】
心待ちにしてくださっていたぬり絵コンクール、ご応募ありがとうございます。「応募したい」という熱い気持ちがメッセージから伝わりました。

 
デイサービスセンター天拝の園
髙原 キミ子さん(90歳)

【評】
グラデーションの美しい夕空と、幾重にも色濃く塗られた青い鳥が印象的です。

日豊ケア・サービス・オリーブ宇佐
桑原 啓司さん(83歳)

【評】
黄金の背景を背負って、力強く迫り来る七福神は迫力満点ですね。添えられた手書きの書も味わいがあり、福を運んでくれそうな作品です。

中川診療所 デイケアひまわり
服部 由美さん

【評】
おいしそうにはじけたザクロから、甘酸っぱい香りがしてくるようです。カラフルに彩られたカレンダーを飾って楽しい毎日が送れそうですね。

デイサービスセンターきんこくの家
三馬 やす子さん(87歳)

【評】
大自然に映える真っ赤な大社が印象的です。岩肌や滝の表現もすばらしいです。風景画のような作品ですね。

スギコーデイサロン浜田山
西谷 和美さん(85歳)

【評】
晴れやかな外の風景と古い民家のギャップを意識されたとのこと。おじいさんとタヌキの会話が聞こえてくるようです。色鉛筆の優しい色使いが、絵のイメージにぴったりです。

ヒューマンサポート幸手
デイサービスセンター
大塚 喜久子さん(83歳)

【評】
背景は水色をベースにして色を重ねて深みを出し、寒い冬を表現されたそうです。クレヨンを効果的に使われており、力強く咲くサザンカが印象的な作品です。

公設宮代福祉医療センター六花
髙田 ゆきさん(78歳)

【評】
ご主人と見学した「忍城」を思い出しながら取り組まれた作品は、隅々まで丁寧に塗り込まれています。晴れた空に浮かぶ白い雲の構図が爽やかです。

社会福祉法人 北丹後福祉会
久美浜デイサービスセンター
嶋﨑 清さん(81歳)

【評】
愛犬をイメージしたという作品は、美しい毛並みまで細やかに描かれています。草原に佇むビーグルの息使いが聞こえてくるようですね。

デイサービスすずらん八尾
西岡 美枝子さん(84歳)

【評】
艶を出すために塗り重ねられた花びらと葉が、淡く塗られた背景によく映えています。鮮やかな赤い花と黄色のがく、潤いのある緑色の葉が美しく仕上がっています。

デイケアセンターふる里
森下 成明さん(79歳)

【評】
かつて大工をされていたということで、安土城を塗るたびに、自ら建築している気持ちになれたのだそうです。一塗り一塗りに力を込めて、世界に一つだけの安土城が建立されました!