今月のおすすめ記事

【月刊デイ2018年11月号掲載】


全国の現場から

施設紹介
  

生活行為向上マネジメントを行うデイサービス

非営利一般社団法人 あっとほーむいなしき
デイサービス太陽と鳩たち

リハビリの効果を上げるためには「食事」と「適切なリハビリ」が大切と考え、リハビリの効果を上げる内容の食事の提供や、ご利用者・ご家族の取り組みを明確にした個別機能訓練計画書の作成などに取り組まれている「デイサービス太陽と鳩たち」様をご紹介します。

ご利用者の社会参加を支援するデイサービス

NPO法人 福祉サポートセンター さわやか愛知
さわやかデイサービス

デイサービスに併設されている一般客も利用可能なレストランで提供する野菜の栽培を行ったり、2ヶ月に1度開催される市場へ出品する商品の準備を行うなど、ご利用者の社会参加につなげる取り組みをされている「さわやかデイサービス」様をご紹介します。

 

利用者満足度アップの仕掛け

生きがいにつながる教室の開催

特定非営利活動法人 ぎふ村

ご利用者や地域住民の方に趣味活動の場をデイで提供することで、生きがいにつなげたり、地域の方と交流するきっかけをつくる取り組みを行うデイサービスの活動をご紹介します。

主体的な役割活動の展開

医療法人健甦会 介護老人保健施設 小美玉敬愛の杜 井坂 敬悟 氏

ご利用者を「スタッフ」として雇い、施設内で1日開業するお店の準備や接客・配膳を行っていただき、活動参加への意欲や活力の向上を引き出す取り組みを行うデイサービスの活動をご紹介します。

介護現場の事故対応の極意  

第8回 送迎車の追突被害の責任がなぜデイサービスに? 
株式会社 安全な介護 代表 山田 滋 氏 

この連載では、介護現場で発生した事故事例から、事業所が行うべき対応や、事故を防ぐためのポイントを紹介します。今回は、「送迎車の追突事故後に父(ご利用者)が高血圧症による脳出血発作を起こし、後遺症が残った」という、ご利用者の息子さんの訴えに対する責任の所在と、事業所が取るべき対応のポイントについて紹介します。
今回は、当事業所が取り組んでいる「人間性・社会性の回復を目指す認知症ケア」やご家族に向けた取り組みなどについて紹介します。

    

その他の連載


認知症BPSDへの対応のコツ

第8回 おむつを外す

認定NPO法人じゃんけんぽん
複合型サービスじゃんけんぽん観音寺
管理者・老人看護専門看護師 佐藤 文美 氏

リハビリの技術
第8回 腰の痛みに対するMT・PNFアプローチ

医療法人葵会ごきげんリハビリクリニック
理学療法士 外間 義之 氏
理学療法士 勝浪 省三 氏

通所リハの運営の工夫 
第8回 生活相談員を配置し、リハラウンドの実施で情報共有を行う

医療法人社団哺育会
さがみリハビリテーション病院通所リハビリテーションセンター
センター長 安部 記子 氏
作業療法士 奥山 拓朗 氏

 





今月のクラフト
紙粘土と端切れで簡単! 
お地蔵さまの飾り
おすすめレク
ひらひら落ち葉キャッチ!