介護事業の経営者・
管理者のための専門誌
デイと介護の経営と運営 Vol.46
平成31年1月15日発行
特集1
「注目高まる!!就労デイ・仕事付きデイ」
 国から総合特区の指定を受けている岡山市では要介護度の低い高齢者を対象にデイサービスの空き時間などを活用して行う就労支援を評価する仕組みづくりをする予定で、今後こうした動きはますます進むと思われます。
本特集では、就労などによりご利用者の社会参加を推進し、自立につなげている取り組みを紹介します。

特集2
「今求められるサービス 小規模多機能型居宅介護・看護小規模多機能型居宅介護の運営」
 地域包括ケアの推進においてその役割が期待される小多機・看多機の運営について、運営上の取り組みや工夫の事例などを紹介します。

最新号のおすすめ記事

短時間通所リハへの移行を成功させる秘訣

第5回 短時間通所リハで積極的に算定すべき加算

算定可能な加算と取り組みランク(表1)を示し、加算を効率よく算定していくための秘訣をご紹介

・・・続きはこちら

デイサービスで機能訓練を効果的に行う工夫

利用者の身体状況に合わせたオーダーメイド・エクササイズ

利用者の歩行機能をはじめとする日常生活機能の維持・改善

・・・続きはこちら

事例・裁判例から見る問題職員トラブル対応法!

第5回 会社の秘密情報を漏えいさせた職員の対策


今回は、会社の情報を漏えいした職員への対策について紹介します。


・・・続きはこちら
介護ニュース

  • 新処遇改善加算の要件などの取りまとめを公表 現行の処遇改善加算(Ⅰ)から(Ⅲ)の取得などを要件化
  • 軽度者の生活援助など地域支援事業への移行を要求 財務省
  • 人材不足対策で介護助手の活用へ
  • 介護予防と保険事業の一体化へ具体案を公表
  • ADL改善等による加算の強化を提示
  • 保健事業との一体的な実施により「通いの場」の質の向上を目指す 厚生労働省
  • 2040年に向けた社会保障等の取り組みの方向性を提示 厚生労働省
  • 外国人労働者の新在留資格法案骨子を公表
  • 介護報酬における加算の整理・統合の必要性を提示 財務省
  • 小規模なデイサービスが減少、通常型・大規模型のデイサービスは増加
  • 経営のお悩みQ&A

    質 問
    セラピーアニマルや介護ロボットを導入したいのですが、採算性や感想、注意点を教えてください。
    回 答
    当事業所は認知症対応型のデイで、3年前からアザラシ型の介護ロボット「パロ」を導入しています。それ以前はセラピー犬がいて、ご利用者にも可愛がられ、デイに通う動機づけになったり、手を伸ばして撫でたり、外に出るきっかけになっていました。ただし、職員としては・・・