デイケア・デイサービスの
運営お助けBOOK

〈次へ〉 TOP 〈前回へ〉
絵手紙コンクール第18回
月刊DAYの誌面て結果発表されました内容を、ホームページver.として再構成してお届け致します。(※審査結果は誌面と同様です)
【入賞者発表】
たくさんのご応募ありがとうございました!!
審査の結果、以下の賞を選出いたしました。
金賞

デイサービスあらき
ペンネーム 隆峰さん(67歳)

お母様の手作り弁当を思い出し、利き手ではない左手で描かれた作品です。
はがきいっぱいに描かれた弁当から、隆峰さんの熱い思いが伝わってきます。
まるで本物のような鮭の切り身の色使いが秀逸です。金賞おめでとうございます!

レジェンド部門

牧田病院 デイサービスたいよう
小倉 辰美さん(87歳)

北海道に旅をしたときの思い出の味とのこと。ホッキ貝めしの繊細なタッチと、卓越した色使いに審査員一同脱帽です。

銀賞
シャロームデイサービスセンター
角田 洋子さん(82歳)

鮮度が良い艶のある寿司がおいしそうですね。
「いつもは質素なお昼です」とコメントを寄せられた角田さんが思い描かれた、とても「欲張りなお昼」です。

銅賞
デイサービスほやね城北
中村 明江さん(78歳)

高校受験を頑張るお孫さんのために、願掛け弁当を描かれたそうです。『勝つ弁当』で桜咲きますように!

せいふう多賀城駅前デイサービスセンター
ペンネーム池ちゃん(84歳)

おにぎらずの具は何でしょうか?鮮やかな具材が巻かれて、とてもおいしそうですね。

ラ・デュース桜町 デイサービスセンター
三谷 美津江さん(100歳)

定番の卵焼きをふっくらと描き上げました。おいしそうな卵焼きから立ちのぼる湯気まで見えるようです。

審査員特別賞
こうざきデイケア リハビリテーションセンターもみの木
姫野 正也さん(82歳)

遠足で食べたちくわの思い出を描かれたそうです。おにぎり、巻き寿司、いなり寿司が入った豪華なお弁当ですね。

若竹苑
橋本 茂子さん(102歳)

開けてびっくり!山海のご馳走を詰め込んだ宝石箱のような弁当です。

デイサービス ピースケア
森 晃子さん(80歳)

お母様が握ってくれたシンプルな塩おにぎりは、最高の味ですね。

介護老人保健施設アポロン
小八重 義文さん(69歳)

お昼休みに春いっぱいの弁当を開き、「おっ!今日も頑張ろう!」と活力がみなぎるときの喜びを描かれたそうです。

ユーモア賞
機能訓練プラザ
小山 定子さん(73歳)

憧れのエビフライと、弁当箱の中で怪しげにほほ笑む顔が印象的な作品です。

ショートステイ サマリヤの里
高木 貞子さん(95歳)

大きな口を開けてほお張る、ふっくらおいしそうなおにぎりが良いですね。

ラ・デュース桜町デイサービスセンター
山田 美代さん(82歳)

初めて知った「キャラ弁」のかわいらしさを描いた作品に、笑顔がこぼれます。

介護福祉村北原の里デイサービス
小鮒 加江さん

大きなおにぎりを持って、山登りをした思い出でしょうか。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 19ページ中2ページ目