デイケア・デイサービスの
運営お助けBOOK

絵手紙コンクール第18回 | TOP |
月刊DAYの誌面て結果発表されました内容を、ホームページver.として再構成してお届け致します。(※審査結果は誌面と同様です)
【入賞者発表】
たくさんのご応募ありがとうございました!!
審査の結果、以下の賞を選出いたしました。
金賞

デイサービスセンターうしたに
ペンネーム 絹子さん(79歳)

金賞おめでとうございます! 夏の太陽に向かって力いっぱい咲くひまわりへの愛が伝わってきました。元気がもらえる作品です。

銀賞

川端診療所 通所リハビリテーション
ペンネーム よしみさん(84歳)

生き生きと枝を伸ばす椿に添えられた、「よかよか」という言葉のやさしい響きが心地よいです。

銅賞

通所介護ライズ古賀
田中 ヒサコさん(89歳)
繊細な筆使いとはかなげな色合いが、「親孝行したい時には親はなし」の言葉とぴったりとマッチしています。 自分が後悔しないためにも、できるときに感謝を伝えて親孝行したいものですね。

さわやかデイサービスセンター西京極
ペンネーム岡野仙陽さん
力強く描かれた椿からパワーを感じました。添えられた「まだまだこれから」の言葉によく似合っています。

コロナに打ち勝ちま賞

リハビリケア岡野
ペンネーム 横田千恵子さん(88歳)
小さくとも力強く咲くパンジーたちは、コロナウイルスも追い払ってしまうかもしれませんね。

ボノス リハビリデイサービス
小林 みつ子さん(86歳)
パッと鮮やかな色使いに心惹かれました。寒さにもコロナにも負けない生命力を感じます。

センスがキラリ賞

さくら苑デイサービスセンター
小林 亀代さん

きらめく若さのひみつはブルーベリーに隠されていたのですね。言葉選びに小林さんのセンスが光ります。


特別養護老人ホームれもん
匿名希望(80歳)

白地にりんと咲く真っ赤な1輪は、まさに気高い貴婦人のようです。


西宮市総合福祉センターリハビリセンター
朝比奈 健介さん(41歳)

小さくても存在感のあるトウガラシを、シンプルな絵と言葉で巧みに表現されていますね。


デイサービスセンターふれあい
辻川 浩堅さん(91歳)

柔らかく塗り重ねられた色鉛筆の淡い色が印象的です。春と福を呼ぶ一言も良いですね。

審査員特別賞

うめばちすずみデイサービス
加藤 千惠子さん(70歳)

春を感じさせてくれる花があるだけで、寒い冬の日も暖かい気持ちにさせてくれますね。


複合型介護施設 ピースガーデン倉敷
ペンネームお花さん(37歳)

はがきいっぱいに描かれた美しい花束に、お母さまへの感謝が詰まっていますね。


千歳市社会福祉協議会 祝梅ほっとす
宗像 キミエさん(79歳)

風に揺られながらうつむき加減で咲く小さな姿が、控えめな色合いで上手に描かれています。


デイサービスセンターおぐらじ
八巻 幸子さん(82歳)

添えられた言葉通りに、かれんな花たちが春の訪れを喜び、合唱しているようです。


デイサービスセンター下小河原3丁目
大久保 八千代さん

雑念なく、ただひたすらに真っすぐ生きようとする植物の姿に心を揺さぶられます。


リハビリテーション アール
眞壁 喜和子さん(93歳)

「人生いろいろ」の一言から、たくさんのメッセージを感じます。一日一日を大事に過ごそうと思います。

絵手紙コンクール第18回 | TOP |