デイケア・デイサービスの
運営お助けBOOK

絵手紙コンクール第16回 | TOP | 絵手紙コンクール第18回
月刊DAYの誌面て結果発表されました内容を、ホームページver.として再構成してお届け致します。(※審査結果は誌面と同様です)
【入賞者発表】
たくさんのご応募ありがとうございました!!
審査の結果、以下の賞を選出いたしました。
金賞

八王子市高齢者在宅サービスセンター中野
松本 吉雄さん(81歳)

職人の技で作られた和菓子の繊細さが見事に表現されています。金賞、おめでとうございます!

銀賞
桜木生きがいデイサービスセンター
吉政 みよ子さん(87歳)

涼やかな器と、大きなさくらんぼが印象的です。暑い夏のおいしい一品ですね。

くすの郷 通所リハビリ
ペンネーム ブルドックさん(69歳)

ザッハトルテと栗はブルドックさんのお好きな組み合わせでしょうか。艶のあるチョコレートが食欲をそそります。

銅賞
深谷整形 デイサービスセンター野の花
迫 延子さん(92歳)

果物と白玉いっぱいの冷たいあんみつに、甘い黒蜜をたっぷりかけて食べる、至福のひとときが目に浮かびました。

デイサービス 福祉の里
阿部 久子さん(92歳)

なんておいしそうな豆大福でしょう。ふっくらした大福を味わった幸せとともに、大きな福もやってきそうです。

祝梅ほっとす
小野寺 勝男さん(81歳)

桜餅には、香り高い緑茶が合いますね。季節を感じながらゆったりと午後のひとときを楽しめそうです。

愛友会 一心館
樋口 和夫さん(61歳)

お孫さんを心待ちにする気持ちがいっぱい詰まった作品です。一緒にケーキを食べる日が楽しみですね。

デイサービス 福祉の里
十河 元治さん(89歳)

大好きなものを、大好きな人と分かち合う、なんて幸せな時間でしょう。世界一おいしいどらやきですね。

デイサービス 北の杜
山下 敬子さん(90歳)

お誕生日ケーキを描かれた作品から、山下さんの幸せが溢れています。スタッフの皆さんへの感謝のメッセージに心が温かくなりました。

3時のおやつ賞
さくら病院
宮口 榮子さん

はがきに収まりきらないほど大きな3色団子がとてもおいしそう。女性はいくつになっても「花よりだんご」ですよね。

デイサービス ピースケア
髙木 美智子さん(89歳)

クリームと果物たっぷりの甘いケーキにうっとり。真横からケーキの断面を描いた構図が新鮮ですね。

明石こころのホスピタル デイケア フレンド
イニシャルI.Yさん

食欲をそそる鮮やかな色の抹茶パフェに、編集部からも「おいしそう!」「食べたい!」と声が上がりました。背景の水色に夏の爽やかさを感じますね。

老人保健施設ひこばえ
佐々木 正子さん(88歳)

お嬢さんと一緒に選ばれたという和菓子は、焦げ目のついた草団子でしょうか。1本と言わず、2本3本と食べてしまいそうです。

グッドライフデイサービス
匿名希望(92歳)

夏といえば、かき氷。シンプルな構図とメッセージの中に、暑い夏を感じました。いちごシロップがたっぷりかかったフワフワのかき氷が巧みに表現されています。

祝梅ほっとす
長澤 百合子さん(78歳)

大好きなバタークッキーへの愛を感じる作品です。サクサクのクッキーと、風味豊かなバターの香りが漂ってきそうです。

審査員特別賞
富士見台デイサービスセンター
匿名希望

子どもから大人まで長年に渡り愛される甘い味は、一粒で優しい気持ちになれる魔法の菓子ですね。

デイサービスセンター わらべの里
堀田 繁信さん(84歳)

地元の銘菓をほお張る様子がダイナミックに描かれた作品です。大きな口を開けているのはだれを描かれたのでしょうか。

菰野厚生病院 通所リハビリセンター いきいき
堀内 幸子さん(86歳)

おいしいものがたくさんあると全部食べたくなりますね。いちごケーキ、チョコ、生クリーム…、一つに決めるのは難しいです。

双葉会デイサービスセンター
横手 千栄子さん(88歳)

昭和初期ごろまで、嫁入りの際にお見送りをしてくれたご近所へ花嫁菓子を振る舞っていたそうです。今ではあまり見られなくなった文化の一つですね。

広島共立病院 共立デイケア
西原 美恵子さん(83歳)

戦後間もない幼少期に、貴重な砂糖で作ってもらった水ようかん。お母様との思い出の味はいつまでも忘れられないですね。

デイサービスセンター和気あいあい
赤石 とくさん(81歳)

見ているだけで楽しくなる色とりどりの金平糖、どれから食べようか迷ってしまいますね。一粒食べると子どものころに戻ったようで、なんだか懐かしい気持ちになる菓子です。

ユニーク賞
ラ・デュース桜町 デイサービスセンター
板垣 ミネさん(90歳)

「おいしい」と「楽しい」が一つになった菓子ですね。運試しをして食べるキャラメルはいつもより甘い味がしそうです。

菰野厚生病院 通所リハビリセンター いきいき
諸岡 文代さん(75歳)

きっと出来上がるのを今か今かと待っている人がたくさんいるのですね。干柿が一つひとつ減っていく様子がこの一文から伝わりました。

ユーアイの家 デイサービス
イニシャルY.Fさん

ツヤツヤのりんご飴を見ると、子どものころの夏祭りを思い出します。屋台のおじさんに「大きいのをちょうだい」とリクエストしたものです。

共生の里 津福
匿名希望(76歳)

「ひよこ」を食べるのは誰でしょうか。二人で食べればおいしさも2倍ですね。

富士見台デイサービスセンター
匿名希望(86歳)

菓子嫌いのお婿さんが一人占めしてしまったとは、どんなにおいしい菓子なのでしょうか。私も食べてみたいです。

ケアパートナー みなと
山下 子さん(71歳)

器に入らないほどのフルーツパフェを見ているだけでわくわくします!乙女の「元気の源」は甘いデザートですね。

絵手紙コンクール第16回 | TOP | 絵手紙コンクール第18回