デイケア・デイサービスの
運営お助けBOOK

絵手紙コンクール第15回 | TOP | 絵手紙コンクール第17回
月刊DAYの誌面て結果発表されました内容を、ホームページver.として再構成してお届け致します。(※審査結果は誌面と同様です)
【入賞者発表】
たくさんのご応募ありがとうございました!!
審査の結果、以下の賞を選出いたしました。
金賞
本家デイサービス
ペンネーム たつこさん

華麗に咲き誇る桜と、残雪きらめく富士山の二大美景が見られる土地にお住まいのたつこさん。日本の春の美しさを色鮮やかに描いてくださいました。金賞、おめでとうございます!

銀賞

吉﨑 秀男さん

はるか遠くにかすむ山と、植物の息吹を感じるすてきな作品です。

牧田病院デイサービスたいよう
小倉 辰美さん(83歳)

雪国の北海道に春の訪れを告げる植物たちが華やかな作品です。

銅賞
デイサービスセンター和気あいあい
児玉 とくさん(94歳)

美しい羽色をした優しい目のウグイスが「ホーホケキョー」と元気に春を知らせてくれています。

ラ・デュース桜町デイサービスセンター
木村 嘉子さん(84歳)

「春がきたらルンルルン」の言葉に笑顔がこぼれます。

デイサービス粋生倶楽部八幡
ペンネーム 天灯虫さん(80歳)

縁起物としておせち料理にも用いられるくわいのみずみずしさがうまく表現されています。

ほっと大垣デイサービスセンター
ペンネーム たえこのタンゴさん

はるか遠くまで続くような菜の花の色が明るく鮮やかです。

永楽荘デイサービスセンター月
川人 和子さん(87歳)

春らしく桃色と金色でおめかしして、こんぴら歌舞伎を楽しみにしている様子が伝わってきます。

デイサービス スローライフおびこ
ペンネーム ノブリンさん

幸福の象徴といわれるテントウムシが、朝露の玉に映るという構図がすばらしいです。

春らんまん賞
府中市立しみずがおか高齢者在宅サービスセンター
清田 敏子さん(87歳)

甘酸っぱいイチゴの香りは、春の訪れを感じさせますね。

開成デイサービス
高森 典子さん(76歳)

春の花の代名詞ともいえるチューリップが美しいグラデーションで咲き誇り、春の日差しを感じます。

老人保健施設 カノープス姫路
柴田 信夫さん(79歳)

おいしそうなミカンをついばむ、鮮やかなメジロが生き生きと描かれています。

ほっと大垣デイサービスセンター
ペンネーム たえぴょんさん

春に芽吹いた新緑と艶やかな桜並木。楽しい思い出がよみがえりますね。

介護老人保健施設 老人ケアセンター浅井
イニシャルT.Oさん

力強く大地に根を張るタンポポに勇気をもらえるような作品です。

八幡会デイサービス宮
竹下 チヲヨさん(91歳)

春の暖かな日差しの中、幸せなひとときですね。

審査員特別賞
菰野厚生病院 通所リハビリセンターいきいき
佐々木 ますみさん(78歳)

かわいいオタマジャクシ。春が来たら、元気なカエルへと成長です。

ライフケア大手門デイサービスセンター
足立 きみ子さん(103歳)

お手玉三姉妹のにこやかな表情に心がほっこりと温かくなります。

府中市立しみずがおか高齢者在宅サービスセンター
恩田 和子さん(81歳)

大地の恵みからも春を感じることができますね。

介護老人保健施設アポロン通所リハビリテーション
門長 登美子さん(78歳)

踏まれてもきれいな花を咲かせるタンポポの強さに、凛とした美しさを感じました。

ニコニコハウス
羽山 タケ代さん(92歳)

優しい色合いで描かれた仲睦まじい雛人形と、添えられた「老女とて幼児にかえる」の一言がほほ笑ましいです。

介護老人保健施設 メディエイト鶴翔苑
大木 恵美子さん

春色のおいしそうな団子三兄弟は、ほんのりと甘く、やさしい味がすることでしょう。女性はいくつになっても「花より団子」ですね。

ユニーク賞
老人保健施設たんぽぽ
匿名希望さん(75歳)

水温が上がり、水草が青々と揺れる様子に春の訪れを感じますね。


田中 正治さん(78歳)

思いがけないワクワクした出来事が起こりそうな予感がします。

デイサービスセンター和気あいあい
古閑 忠さん(82歳)

甘い蜜を探して飛び回るミツバチの様子がユーモラスに描かれています。

デイサービス スローライフおびこ
ペンネーム しずちゃんさん(75歳)

北海道では春の訪れを告げる魚として「春告魚」と呼ばれるニシンを大胆に描いた作品です。

小規模多機能型居宅介護 唐津事業所
匿名希望さん(95歳)

みんなでポカポカひなたぼっこを楽しんでいるようですね。

絵手紙コンクール第15回 | TOP | 絵手紙コンクール第17回