介護トピックス

認知症対応型通所介護で生活機能向上連携加算の創設、 サービス提供時間区分の見直し

厚生労働省

 厚生労働省は、11月15日に第151回社会保障審議会介護給付費分科会を開催し、介護老人福祉施設、特定施設入居者生活介護、短期入所生活介護、認知症対応型共同生活介護、認知症対応型通所介護について報酬改定に向けた対応案を議論した。

認知症対応型通所介護、通所介護と同様の見直し

 認知症対応型通所介護も通所介護と同様、サービス提供の実態を適切に評価するため、現行の2時間ごとのサービス提供時間区分を1時間ごとに見直す方向が示された。
 また、個別機能訓練加算についても外部のリハビリテーション専門職と連携し、機能訓練のマネジメントを行う「生活機能向上連携加算」が創設される見込み。設備の共用に関する規程の明確化については、認知症対応型通所介護と訪問介護が併設されている場合、「両方のサービスに規程がある事務室」「基準上規定がない玄関や廊下、階段などの設備」について共用が可能であることを明確化し、併設サービスが訪問介護でない場合で共用が認められない場合(同一の時間帯に同一の場所で一体的に通所介護を実施する場合)を除いて、共用が可能であることを明確にする案が示された。


目 次
  • 介護サービスで使用する車両は 駐車禁止場所への駐車に許可が下ります
  • 介護の「業務改善の手引き」を公開!
  • 新加算「特定処遇改善加算」詳細が決定
  • 5月1日より元号が変更 書類などの表記を変えましょう
  • GWの10連休対策をしましょう
  • 4月から働き方が変わります
  • ストレスチェック実施プログラムに新機能搭載
  • 安倍総理が「認知症対策の推進」に向け、提言 第1回 認知症施策推進関係閣僚会議
  • 介護職も使える認知症の簡易検査法を開発
  • 雇用保険、労災保険などの追加給付について発表
  • 医師会がGW10連休への対応強化を行政に要請
  • 「介護現場革新会議」を発足
  • 増税に合わせ、介護人材への処遇改善を提示
  • ミャンマーから初の介護実習生が来日
  • 外国人の受け入れ 現場の反応は?
  • 介護分野の外国人実習生 最大6万人受け入れへ
  • 高齢者のフレイル対策 医療・介護の一体的な事業を検討
  • 福祉用具貸与の全国平均・上限額を公表 住宅改修の見積もりは複数の事業者から
  • 介護報酬改定に関するQ&A(vol.6)を公表
  • 利用者の有償ボランティア活動に際しての 留意点を周知