介護トピックス

安倍総理が「認知症対策の推進」に向け、提言
第1回 認知症施策推進関係閣僚会議

首相官邸

12月25日、総理大臣官邸で認知症施策推進関係閣僚会議の初会合が開かれた。会議では、認知症の予防や、認知症の人が住み慣れた地域で安心して暮らせるための取り組みなど、認知症推進体制および認知症施策の推進について議論した。

 今後、認知症の人の大幅な増加が見込まれる中で、関係府省庁による横断的な対策を協議することが目的。政府一体となって総合的な認知症対策に取り組み、研究の成果を新薬開発などの実用化にもつなげる。
 政府は、関係府省庁と共同で2015年1月に「新オレンジプラン」を策定し、17年7月に改訂。認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進や、認知症の人を介護する家族への支援、認知症の予防・診断・治療やリハビリテーションモデルなどの研究といった「七つの柱」のもと、認知症サポーター・認知症サポート医の要請に取り組むなど、認知症の人やその家族を支援する体制の整備に取り組んできた。今後の方向性としては、引き続き「共生」を重視しつつ、「予防」の取り組みも一層強化していくとしている。閣僚会議では、来年5月に大綱をまとめる予定。
 会合に出席した安倍総理は、「新オレンジプランに基づき、更に踏み込んだ対策を検討し、速やかに実行していく必要がある」とし、「認知症への対応が喫緊の課題であるとの認識のもと、取りまとめに向けて早急に検討を進める」よう各大臣に求めた。


目 次
  • 利用者のインスリン自己注射は、 介護職員によるサポートが可能です
  • 利用者・家族から職員へのハラスメント 対策マニュアルが作成されました
  • IT導入補助金の上限が450万円に 引き上げられました
  • 4年間の介護経験を持つEPAの外国人は、 在留資格「特定技能1号」へ移行できます
  • 浴室からのレジオネラ症感染に注意!
  • 地域支援事業で、認知症の人の社会活動が 推進されています
  • 「令和」記載の書類様式が公表されました
  • 加算算定に必要な届け出・申出の 提出期限に注意しましょう
  • 実地指導が効率化されます
  • 特定処遇改善加算の詳細が公表
  • 10月からの報酬改定の内容が確定
  • 外国人介護職員は、初日から職員として 配置基準に算定できます
  • 高齢者の通いの場、認知症支援に つながる地域づくりが推進されています
  • 介護サービスで使用する車両は 駐車禁止場所への駐車に許可が下ります
  • 介護の「業務改善の手引き」を公開!
  • 新加算「特定処遇改善加算」詳細が決定
  • 5月1日より元号が変更 書類などの表記を変えましょう
  • GWの10連休対策をしましょう
  • 4月から働き方が変わります
  • ストレスチェック実施プログラムに新機能搭載