介護トピックス

介護職も使える認知症の簡易検査法を開発

大森医師会

大森医師会が開発した、数分間で行える認知症の簡易検査法「TOP-Q」についての発表が行われた。2項目の問診と3つの観察点を確認するだけで、対象者が身構えないよう自然な会話の流れで実施できる。

 大森医師会(本社: 東京都大田区、荒井俊秀会長)は、2項目の問診と3つの観察点で行う認知症簡易チェック法「TOP-Q(トップQ:Tokyo Omori Primary Ques-
tionnaires for Dementia)」を開発・発表した。「TOP-Q」は、問診2項目(時事計算・誕生日記憶、山口式キツネ・ハト模倣テスト)と、観察点3項目で構成されており、2~3分の簡単で自然な問診で認知症をスクリーニングできる方法。医療職だけではなく、介護職でも行うことができる。
 時事計算・誕生日記憶は、約50年前と数年後の出来事の時の年齢(例:約50年前に○○があった時は何歳だったか?5年後に○○がある時は何歳になる?)と、本人の誕生日を確認するもの。山口式キツネ・ハト模倣テストは、影絵のキツネ、ハトの形を問診者が手で作り、それをまねしてもらうもので、群馬大学大学院保健学研究教授の山口晴保氏が考案した。キツネは重度の認知症、ハトは軽度の認知症患者の多くが間違え、軽度認知障害(MCI)でも約半数が間違えるといわれている。
 時事計算・誕生日記憶は3つのうちひとつでも間違えた場合は1点、キツネ・ハト模倣テストはそれぞれ間違えた場合1点と換算する。合計1点以下は正常あるいはMCI、2点以上は認知症の疑いとなる。また、3つの観察点について、問診中に家族や周囲を頼りにして振り向く「振り向き徴候」がある場合はアルツハイマー型認知症、両手を水平に肩の高さまで上げると片方が下がる「ハンド・バレー徴候」がある場合は脳血管性認知症、「回内・回外運動」が異常な場合はレビー小体型認知症の疑いがある。
 開発に関わった大森医師会の工藤千秋理事(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)は、「専門職でなくても実施可能。短時間で行うことができ、正確性も認められています」とテストの有効性について述べた。


目 次
  • 利用者のインスリン自己注射は、 介護職員によるサポートが可能です
  • 利用者・家族から職員へのハラスメント 対策マニュアルが作成されました
  • IT導入補助金の上限が450万円に 引き上げられました
  • 4年間の介護経験を持つEPAの外国人は、 在留資格「特定技能1号」へ移行できます
  • 浴室からのレジオネラ症感染に注意!
  • 地域支援事業で、認知症の人の社会活動が 推進されています
  • 「令和」記載の書類様式が公表されました
  • 加算算定に必要な届け出・申出の 提出期限に注意しましょう
  • 実地指導が効率化されます
  • 特定処遇改善加算の詳細が公表
  • 10月からの報酬改定の内容が確定
  • 外国人介護職員は、初日から職員として 配置基準に算定できます
  • 高齢者の通いの場、認知症支援に つながる地域づくりが推進されています
  • 介護サービスで使用する車両は 駐車禁止場所への駐車に許可が下ります
  • 介護の「業務改善の手引き」を公開!
  • 新加算「特定処遇改善加算」詳細が決定
  • 5月1日より元号が変更 書類などの表記を変えましょう
  • GWの10連休対策をしましょう
  • 4月から働き方が変わります
  • ストレスチェック実施プログラムに新機能搭載