介護トピックス

「介護現場革新会議」を発足

厚生労働省

2018年12月11日、厚生労働省は、介助助手やロボット・ICTの活用促進などについて検討する「介護現場革新会議」を発足し、初会合を開いた。

 同会ではまずは、介護保険施設での介護人材を確保したり、定着を促進するための具体策などを目指して、以下の取り組みの方向性をとりまとめ、4月以降に第2ステージとして全国数ヶ所でパイロット事業(先進的試験的事業)を実施していく予定。

新規人材確保
・介護福祉士養成校などの卒業者の確保
・潜在介護福祉士の活躍
・無資格者などの介護職への教育
・外国人人材の雇用

離職防止
・業務の切り分け(専門性の有無)
・業務のICT・ロボット化
・処遇改善(賃金改善)


目 次
  • 利用者のインスリン自己注射は、 介護職員によるサポートが可能です
  • 利用者・家族から職員へのハラスメント 対策マニュアルが作成されました
  • IT導入補助金の上限が450万円に 引き上げられました
  • 4年間の介護経験を持つEPAの外国人は、 在留資格「特定技能1号」へ移行できます
  • 浴室からのレジオネラ症感染に注意!
  • 地域支援事業で、認知症の人の社会活動が 推進されています
  • 「令和」記載の書類様式が公表されました
  • 加算算定に必要な届け出・申出の 提出期限に注意しましょう
  • 実地指導が効率化されます
  • 特定処遇改善加算の詳細が公表
  • 10月からの報酬改定の内容が確定
  • 外国人介護職員は、初日から職員として 配置基準に算定できます
  • 高齢者の通いの場、認知症支援に つながる地域づくりが推進されています
  • 介護サービスで使用する車両は 駐車禁止場所への駐車に許可が下ります
  • 介護の「業務改善の手引き」を公開!
  • 新加算「特定処遇改善加算」詳細が決定
  • 5月1日より元号が変更 書類などの表記を変えましょう
  • GWの10連休対策をしましょう
  • 4月から働き方が変わります
  • ストレスチェック実施プログラムに新機能搭載