介護トピックス

「リビング・オブ・ザ・イヤー2017」大賞が決定

高齢者住宅経営者連絡協議会

 2017年10月13日、日本一の高齢者住宅を決めるコンテスト「リビング・オブ・ザ・イヤー2017」が開催された。これは特別養護老人ホームをはじめ、サービス付き高齢者住宅、グループホームなど類型を問わず全国の高齢者住宅を対象としている。
 書類選考、見学審査などを経て選出されたファイナリスト8施設がプレゼンを行い、協議会会員と一般の投票で最優秀ホームを決めるというもので、今年度の大賞には広島県の「グループホームありがとう」が選ばれた。


目 次
  • 高齢者のフレイル対策 医療・介護の一体的な事業を検討
  • 福祉用具貸与の全国平均・上限額を公表 住宅改修の見積もりは複数の事業者から
  • 介護報酬改定に関するQ&A(vol.6)を公表
  • 利用者の有償ボランティア活動に際しての 留意点を周知
  • 2018年度 報酬改定の審議のまとめ
  • 2018年度 介護報酬改定 運営基準の改定内容 などを決定
  • 人件費増の介護サービスは収支差率が悪化している傾向
  • 介護報酬のマイナス改定を要求
  • 「ロボット技術の介護利用における重点分野」に 追加・改定
  • 自治体へのインセンティブ指標の具体案を提示 財源が論点に
  • 「科学的根拠に基づく介護に係る検討会」を開催
  • 認知症対応型通所介護で生活機能向上連携加算の創設、 サービス提供時間区分の見直し
  • 生活機能向上連携加算を新設
  • 医療機関との協働を促す 「生活機能向上連携加算」などの見直し
  • 福祉用具の貸与価格の上限設定などの案を提示
  • 技能実習生、介護職員と複数名で夜勤可能に
  • 受給者台帳とレセプト、氏名の表記統一を提案
  • 「リビング・オブ・ザ・イヤー2017」大賞が決定
  • 介護医療院に全部転換の医療機関は、 名称の変更が必要
  • 福祉用具サービス計画書、 新様式で制度厳格化に対応