HOME 自助具&リハビリツール ご利用者との毎日の話ネタ
1月7日「人日(じんじつ)の日」

五(ご)節供(せっく)*(五節句)の一つで“人の日”という意味。古代中国での由来で、3月3日のように奇数が重なる日(陽)は、 めでたい反面、陰に変わりやすいため、邪気を払う行事が行われていたのが始まりだそうです。 ほかの五節供は奇数が重なっていますが、1月1日の元旦は別格ということで、1月は7日が選ばれました。
中国で、7種の若菜を入れた粥を食べ、無病(むびょう)息災(そくさい)や立身出世を願う風習がありました。 それが日本にも伝わり、7日には春の七草を入れたお粥を食べると健康に過ごせるといわれています。
*五節供をお祝いしましょう!
「節」は季節の変わり目という意味で、季節の変わり目は邪気が入りやすいといわれ、昔からその日はお供え物をしたり、邪気を祓(はら)う行事を行っていました。
以下の5つが現在でも年中行事として受け継がれ、五節供と呼ばれています。
・1月7日「人(じん)日(じつ)」・3月3日「上巳(じょうし)」・5月5日「端午」・7月7日「七夕(しちせき)」・9月9日「重陽(ちょうよう)」

ご利用者と確認してみよう!

「春の七草全部言えますか。」

(1) 繫縷:目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にも
(2) 仏の座:タンポポに似ていて、食物繊維が豊富
(3) 芹:水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
(4) 蘿蔔:大根のこと。消化を助け、風邪の予防にも
(5) 菘:蕪のこと。ビタミンが豊富
(6) 薺:別称はペンペン草
(7) 御形:草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果的

これまでの記事