介護事業の経営者・
管理者のための専門誌
最新号のおすすめ記事
介護ニュース
経営のお悩みQ&A
バックナンバー
素材ダウンロード
介護ニュース

ICT の活用などの取り組みについて提示 未来投資会議構造改革徹底推進会合
 データベースや介護ロボットの活用などに関して検討の進め方を示す


 厚生労働省は12月7日に開催された未来投資会議構造改革徹底推進会合「医療・介護―生活者の暮らしを豊かに」会合第4回にて、医療・介護におけるICT活用などの取り組みに関する資料を提出した。その中で同省は、介護保険総合データベースや介護ロボット・ICTの活用における目指すべきあり方と検討の進め方について、以下のように提示した。
自立支援のための介護の構造化・標準化に向けた取り組み
◯目指すべきあり方
①各事業所において提供されたケアの内容を分類しデータベース化
②当該データベース及び介護DB(介護保険総合データベース)を用いて、自立支援に向けた介護の方法に関して分析
③その結果を用いて、「科学的に裏付けられた介護」の普及を推進
◯今後の検討の進め方
・平成28年度~平成29年度
  既知の好事例等の調査・研究を行いケア内容の分類案を作成する。
・平成30年度~平成31年度
  試行的にデータ収集を実施し、ケア内容のデータベースの構築を開始する。
・平成32年度以降
 ケア内容のデータベースの本格運用を開始すると共に、データベースの分析を行い、自立支援に資する介護の方法の確立・普及を目指す。
介護ロボット・ICTの活用
◯目指すべきあり方
・開発・導入の直接支援強化に加え、そのアウトカムの実証・評価により、さらなる介護ロボット等の開発・導入を実現。ロボット活用の好循環サイクル創出
・現場に最も近い厚労省が主導し、新たに以下の取組を実施
◯負担軽減のアウトカムの実証
◯介護報酬等での評価によるインセンティブ付けの検討




目 次
  • 平均寿命が男女ともに過去最高となる
  • 介護福祉士試験・社会福祉士試験のスケジュールを公表
  • 医療機関から行う訪問看護の評価や特養などでの在宅復帰に向けた取り組みの評価を
  • 新設の介護医療院は総量規制の対象に 介護保険最新情報vol.598
  • 従業員「不足」の事業所増加 7割以上の事業所が「採用が困難」と回答
  • 終末期医療における本人の意思の共有などが論点に
  • 自己負担額の上限引き上げを周知 介護保険最新情報vol.597
  • 処遇改善加算(Ⅳ)(Ⅴ)の見直しや自立支援へのインセンティブ付与が論点に
  • 特定施設の報酬のあり方やショートステイの要件などについて議論
  • 特養での看取りや特定事業所集中減算のあり方について議論が交わされる