介護事業の経営者・
管理者のための専門誌
最新号のおすすめ記事
介護ニュース
経営のお悩みQ&A
バックナンバー
素材ダウンロード
介護ニュース

特養での看取りや特定事業所集中減算のあり方について議論が交わされる
第143 回社会保障審議会介護給付費分科会


 厚生労働省は7月19日、第143回社会保障審議会介護給付費分科会を開催した。介護老人福祉施設(以下、特養)と居宅介護支援について論点が提示され、議論が行われた。 特養に関する論点の一つには看取りや医療ニーズへの対応が挙げられた。これに関して、「重度者の割合や看取りの実施率が高い特養で看護職員の夜間配置の強化を行った場合については、新たな評価が必要ではないか(齋藤訓子委員・日本看護協会副会長)」といった意見や「現行のプロセス評価になる看取り加算に加えて、今後は看取った結果を算定要件に含めるなど、アウトカムによる加算も検討すべき(本多伸行委員・健康保険組合連合会理事)」といった意見が出された。
 居宅介護支援に関しては、特定事業所集中減算のあり方が論点となった。「リハビリテーションマネジメントなど、医師の関与があって、利用者や介護支援専門員を含むカンファレンス等が実施され、当該サービスの利用が計画的に実施されているなど、多職種共同が担保されている場合は特定事業所集中減算の対象から除外するなどの見直しを行うべき(小原秀和委員・日本介護支援専門員協会副会長)」といった減算のあり方の見直しを求める意見のほか、ほかの委員からは、廃止を検討する意見もあった。




目 次
  • 終末期に関するガイドラインの改定案を公表
  • 高齢者のポリファーマシー解消に向けた指針案を提示
  • 介護福祉士養成課程における新カリキュラムを提示
  • 共生型サービスの単位数や加算を公表
  • 介護給付費の請求は原則ネットやCD-Rなどで行うことを通知
  • サービス付き高齢者向け住宅の課題を検討する懇談会を設置
  • 下水道での紙オムツ処理で介護者の負担軽減へ
  • 介護にかかわる行政手続きをオンライン上で可能に
  • 平成30年度介護報酬改定の単位数を公表
  • ケアマネジャーに対する情報提供や看取りに関する連携の評価が論点に