介護事業の経営者・
管理者のための専門誌
最新号のおすすめ記事
介護ニュース
経営のお悩みQ&A
バックナンバー
素材ダウンロード
介護ニュース

介護人材のキャリアパスなどについてまとめた報告書を公表
福祉人材確保専門委員会


 厚生労働省は10月4日、福祉人材確保専門委員会で行われた議論を取りまとめた報告書を公表した。2016年10月からの議論をまとめたもので、介護職のリーダーとなる介護福祉士に求められる資質やカリキュラムの見直し、介護人材のすそ野を広げるための入門的研修の導入などについて言及している。
 報告書では、現行の介護福祉士養成課程におけるカリキュラムについて、介護福祉士が介護職のグループにおいてリーダーの下で専門職としての役割を発揮していくために必要なリーダーシップやフォロワーシップに関する内容が十分でないことを指摘。また、認知症に関する内容の充実や、多様化するニーズに対応できるようにするための介護過程の学習内容の充実なども含め、現行のカリキュラムの見直しを検討すべきであるとしている。
 そのほか、介護職員初任者研修よりも受講しやすい入門的研修の導入や、介護福祉士らによる医療的ケアの実態把握など、介護人材に求められる機能の明確化とキャリアパスの実現に向けた具体的な対応案が記載されている。




目 次
  • 終末期に関するガイドラインの改定案を公表
  • 高齢者のポリファーマシー解消に向けた指針案を提示
  • 介護福祉士養成課程における新カリキュラムを提示
  • 共生型サービスの単位数や加算を公表
  • 介護給付費の請求は原則ネットやCD-Rなどで行うことを通知
  • サービス付き高齢者向け住宅の課題を検討する懇談会を設置
  • 下水道での紙オムツ処理で介護者の負担軽減へ
  • 介護にかかわる行政手続きをオンライン上で可能に
  • 平成30年度介護報酬改定の単位数を公表
  • ケアマネジャーに対する情報提供や看取りに関する連携の評価が論点に