介護トピックス

消費増税による介護職員のさらなる処遇改善を言明

首相官邸

 9月25日に行われた記者会見の中で安倍晋三首相は、ほかの産業との賃金格差をなくしていくため、介護職員の賃金を引き上げる策を説明した。

介護職員の処遇を改善する

 安倍首相はこの記者会見で、衆議院を解散することを正式に表明した後、「新しい経済政策パッケージを取りまとめる」と発言。「最大の課題は、介護人材の確保」であり、その上で、ほかの産業との賃金格差をなくしていくため、さらなる処遇改善を進めていくとした。

消費増税により、社会保障を充実させる

 「介護」と「子育て」という、国が直面する2つの大きな課題に対して打ち出した、新たな政策パッケージは2兆円規模。その財源として、2019年に予定されている消費税率10%を活用するとした。2%の引き上げにより約5兆円の税収となり、このうち1兆円を社会保障の充実に使い、残り4兆円を借金の返済に回すとした。「子育て世代への投資と社会保障の安定化とにバランスよく充当し、あわせて財政再建も確実に実現する」と述べた。


目 次
  • 人件費増の介護サービスは収支差率が悪化している傾向
  • 介護報酬のマイナス改定を要求
  • 「ロボット技術の介護利用における重点分野」に 追加・改定
  • 自治体へのインセンティブ指標の具体案を提示 財源が論点に
  • 「科学的根拠に基づく介護に係る検討会」を開催
  • 認知症対応型通所介護で生活機能向上連携加算の創設、 サービス提供時間区分の見直し
  • 生活機能向上連携加算を新設
  • 医療機関との協働を促す 「生活機能向上連携加算」などの見直し
  • 福祉用具の貸与価格の上限設定などの案を提示
  • 技能実習生、介護職員と複数名で夜勤可能に
  • 受給者台帳とレセプト、氏名の表記統一を提案
  • 「リビング・オブ・ザ・イヤー2017」大賞が決定
  • 介護医療院に全部転換の医療機関は、 名称の変更が必要
  • 福祉用具サービス計画書、 新様式で制度厳格化に対応
  • 介護費用の負担「重い」6割超
  • 消費増税による介護職員のさらなる処遇改善を言明
  • 介護人材のキャリアパス実現に向けての報告書
  • 新卒3年以内の大卒の離職率は医療・福祉で37.6%
  • デイサービス事業所が減少
  • 「高齢化の進行」と「労働力人口の減少」 の現状を再確認