介護トピックス

受給者台帳とレセプト、氏名の表記統一を提案

厚生労働省

 厚生労働省は、9月27日に開かれた第361回中央社会保険医療協議会の総会において、医療機関が診療報酬を請求する際の「診療報酬明細書(レセプト)」に記載されている氏名を、介護報酬の受給者台帳と同じカタカナ表記に統一する提案を行った。

 提案は、来春の診療報酬改定を前に、診療報酬に関する事務の効率化と、情報の利活用に関する議論の中でなされた。
 現行のレセプト様式では、患者の氏名は漢字もしくはひらがなで記載することを原則としている一方、介護保険の受給者台帳はカタカナ表記としている。そのため、同一患者の医療・介護双方の情報をひもづけた分析ができないことが問題視された。また、レセプトには患者の住所情報が記載されていないため、地域単位の医療提供体制や、医療の地域差を分析・評価することが難しいとの指摘もなされた。
 提案では今後、医療機関にレセプトの氏名表記をカタカナで記載することと、患者の住所地の郵便番号(7桁)を記載するよう求めるとしている。なお、表記統一にはシステムの改修が必要になることも考慮し、医療機関の費用負担やシステムなどへの影響を確認した上で、必要に応じて一定の経過措置期間を設けるとの方針も示された。
 今回の提案に対し、委員からは概ね賛同する意見があったものの、郵便番号の記載についての意見が分かれたため、引き続き総会で話し合うことが決まった。


目 次
  • 技能実習生、介護職員と複数名で夜勤可能に
  • 受給者台帳とレセプト、氏名の表記統一を提案
  • 「リビング・オブ・ザ・イヤー2017」大賞が決定
  • 介護医療院に全部転換の医療機関は、 名称の変更が必要
  • 福祉用具サービス計画書、 新様式で制度厳格化に対応
  • 介護費用の負担「重い」6割超
  • 消費増税による介護職員のさらなる処遇改善を言明
  • 介護人材のキャリアパス実現に向けての報告書
  • 新卒3年以内の大卒の離職率は医療・福祉で37.6%
  • デイサービス事業所が減少
  • 「高齢化の進行」と「労働力人口の減少」 の現状を再確認
  • 介護職員、6割以上が「不足」 採用難続く
  • 通所介護の受給者数は昨年より3.5%増加
  • 医療・福祉業の離職者数97万3,400人、 前年比3.2万人の大幅増
  • 来年度予算案 介護人材確保などの要求額増で過去最大に
  • 専門職配置の「リハビリ特化型」デイは23%
  • サービスの質の評価、 人材確保などについて議論
  • 新オレンジプランの目標数値を更新認知症サポーターを2020年度末までに1,200万人に
  • 介護給付費は9兆円超要介護認定率は前年度と同じ
  • 消費税増収による8.2兆円を社会保障費に充当