1分間で出来る健康法
第1回
顔色は健康のバロメーター
 こんにちは。北海道札幌市在住の鳴海周平(なるみしゅうへい)と申します。
 これから1年間、こころとからだが健康になる『1分間でできる健康法』を紹介させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、さっそくですが、今、あなたの顔色はよろしいですか?
 「顔色は健康のバロメーター」とはよく言ったもので、顔には健康の状態がそのままあらわれます。「だったら、顔色をよくしたら、健康になるんじゃないの?」 はい、そうなんです。
 今回ご紹介するのは、そんな発想からできた「1分間でできる健康法」です(注/ただし、顔そのものは変えられませんのでご了承くださいませ:笑)

 顔には、東洋医学でいう経穴(けいけつ/ツボ)がたくさん集まっています。だから、ただこするだけで、からだがポカポカ温かくなったり、内臓の調子がよくなったりするのです。

 江戸時代の儒学者・貝原益軒(かいばらえきけん)さんも『養生訓(ようじょうくん)』という健康本で次のように述べています。
 「顔は五臓(ごぞう)があらわれる場所であるから、髪の生え際から下に数回手でなで下ろすとよい。こうすることで氣(き)をめぐらし、顔色がよくなる」
 鼻の両脇や、両耳の付け根、頭のてっぺんまで、満遍なくなでることで、よりいっそう広い範囲のツボを刺激できます。
 内臓全般の調子がよくなって、心身に力がみなぎる簡単健康法。
 ぜひ、お試しを!!
両手をすり合わせる
(清潔な手で)
  顔全体から首まで、耳も指の間に挟
み込むようにして、満遍なくこする
手のひらで頭を包むようにして、
後頭部の髪の生え際も親指でもむ